手術後にお昼まで起きられなくなり登校できない中2男子~起立性調節障害の実態シリーズ6

燦々堂

起立性調節障害は中学生の10%が発症するとされ、不登校の3~4割は起立性調節障害が関係しているそうです。
起立性調節障害の実態はどのようなものか。
起立性調節障害、および関連する子どもの体調不良について、当院にご相談いただいた様々な事例をシリーズで紹介します。

中学2年生。男性。2018年10月のご相談。

4ヶ月前から体調不良が続いている。
朝は起きられず、倦怠感でお昼頃にならないと起き上がれない。
学校は休むことが多い。
無理して登校すると疲れてしまう。
倦怠感、頭痛、めまい、耳鳴り、腹痛、下痢、食欲不振、肩こりなどの症状がある。
天気が悪いと体調も悪くなる。
風呂に入った時にめまいがあることがある。
中学1年の時に聴神経腫瘍の手術を受けていてストレスが強かった。
手術した病院では起立性調節障害ではないかと言われた。
小児科にも行ったが原因不明で対処できないと言われた。

お客様の声 当院をご利用いただいた「お客様の声」をご紹介します。起立性調節障害、朝起きられない、頭痛、めまい、吐き気、腹痛、倦怠感、疲れやすい、遅...
症例集 当院のお客様の症例を紹介します。症状がどのように治っていくのか説明します。 症例まとめ 症例を症状別にまとめて紹介していま...
Recommend
こちらの記事もどうぞ
記事URLをコピーしました