起立性調節障害は夏休みにしっかり治して2学期から元気に登校しよう

燦々堂

今週から夏休みに入る学校が多いようですね。
起立性調節障害に悩んでいるお子さんにとって1学期は、
「学校に行きたいけど、体調不良で行けない…」
というストレスの多い辛い時期だったことでしょう。

毎朝、起こしても起きられず、頭が痛い、お腹が痛い、めまいがする、気持ち悪い、身体がだるい、など体調が悪くて学校になかなか行けなくて、遅刻が多い、欠席が多いなど、毎日が辛い日々だったのではないでしょうか。

学校が長期の休みになる夏休みは、
「学校に行かなくちゃいけない…」
というストレスから開放されて、自分のペースで生活して、不調を治す格好の期間です。
起立性調節障害は発症してしまうと、
「そのうち治るのではないか…」
と放置していてもなかなか自然には治るものではありませんし、お薬での治療も難しいようです。

当院では、自律神経の乱れを整える効果のある施術と健康指導により、起立性調節障害の根本的な解決をサポートしています。
少しでも体調不良を改善して、2学期から元気に登校できるように、夏休み中を有意義に過ごすために、お子さんの起立性調節障害でお悩みの方はお早めにご相談いただきたいと思います。

夏休み明けに起立性調節障害が増える

例年、夏休み明けの9月になると、起立性調節障害を発症したり悪化したりして、学校に行けなくなってしまったというご相談が増えます。
ですから、夏休み中の過ごし方はとても大切です。

毎朝、決まった時間に起きて、朝食を食べる、学校に行き、勉強をする、運動をする、昼食を食べる、遊ぶ、夕食を食べる、睡眠をしっかりとる、といった日々の生活習慣が、子どもの健やかな成長には大切なんですね。

夏休みはこういった生活習慣が乱れてしまうお子さんが増える時期です。
学校がないからといって、ゲームに夢中になって夜更かしが増えたり、朝も決まった時間に起きずに放っておくと、いざ夏休みが終わって学校が始まっても、朝起きられなくなってしまった、と慌てることになります。

起立性調節障害の原因として自律神経バランスの乱れがあります。
子どもの身体は成長途中で自律神経も未発達のため、ストレスや生活習慣の乱れの影響を受けやすく、一旦、自律神経バランスが乱れてしまうと自力ではなかなか治せなくなってしまいます。
お子さんの夏休み中の過ごし方にはくれぐれもご注意ください。

熱中症に注意

夏は熱中症が多い季節ですが、熱中症になったことがあり、その後しばらくして起立性調節障害を発症した、というお客様の話をよく聞きます。

熱中症になった後、なかなか治らない、体調不良が続いている、というのは起立性調節障害の前兆かもしれませんので、心当たりがある方はご注意いただきたいと思います。

栃木県宇都宮市。自律神経整体 燦々堂。

当院で起立性調節障害・朝起きられないが治る理由 当院は自律神経専門の整体院です。なぜ、当院で起立性調節障害・朝起きられないお悩みが解決するのか説明します。起立性調節障...
栄養指導で起立性調節障害・朝起きられないが治る栄養指導で起立性調節障害・朝起きられないが治る 当院では、 1.整体施術で自律神経の乱れを治す 2.効果的な栄養指導で栄養失調を治...
お客様の声 当院をご利用いただいた「お客様の声」をご紹介します。起立性調節障害、朝起きられない、頭痛、めまい、吐き気、腹痛、倦怠感、疲れやすい、遅...
症例集 当院のお客様の症例を紹介します。症状がどのように治っていくのか説明します。 症例まとめ 症例を症状別にまとめて紹介していま...
記事URLをコピーしました